はじめてのペンキ塗り

Posted by doniatec on 2014年12月18日

祖父母の家の物置の屋根のペンキ塗りを頼まれました。
最初は父がやるつもりだったのですが、父は腰が痛いみたいで。
なので、代わりに私が塗ることになりました。
私は、ペンキ塗りをしたことがありません。
そして、大雑把代表のthe O型という性格で。
そんな私が塗っても大丈夫かな?と思いましたが、面白そうなので引き受けました。
私の性格を知ってる父も母も祖父も祖母も、頼んだは良いのですが心配になったようで。
家族総出で外に出て私のペンキ塗りを皆であーだこーだいいながら見ていました。
ペンキ塗り初体験は、ムラにならないように塗るのがとっても難しかったです。
でも、楽しかったです。
段々コツをつかんできて。
ファンデーションを筆で塗っているのと同じだなとわかってからは、うまく濡れてきたと思います。
それでもやっぱり、隅に塗り残しがあったり。

父母、祖父母のギャラリーからあっちをもう少し、こっちをもう少しと指示が飛びました。
指示は祖父が一番上手でした。
「上手だよ、上手だよ、でも、あそこもう少し塗ってね。そうそう、いいじゃん。」
って褒め上手なんです。
さすが祖父だなぁと思いました。
仕上がりはまぁまぁのできでした。
よく見るとムラはありますが、初めてにしては上出来だと我ながら思います。
屋根ですし。
近づいて見ることはそうそうありませんし。
ペンキ塗り初体験、楽しかったです。